記事一覧

美しい食べ方



いろいろ迷ったけれど、胃を小さくしよう。

と言っても、実際に胃が小さくなるはずはないのですが (#^.^#)

要するに、高齢者は高齢者なりの食べ方が・食べる量があるはず。

友人との会食での割り勘勝ちを避けたいし、かと言って今さら「私の方がたくさん食べたから、その分余計に払うわ」なんて、言いにくい。
もっと言えばせっかくの会食中に、「友人が何を食べ、私が何を食べ」なんて気にするのは、本末転倒、会食の楽しみを損なうと思う。

腹八分目を目指すと言うよりは、少量で腹十分目を目指したい。

で手法を検討した。

まずは、

少量でハイカロリーのモノを食べること

炭水化物から食べ始め、適度にゆっくり落ち着いて食べること

深呼吸を二回してから食べること

熱いモノ・固いモノを食べること

つまり

キャベツやワカメやと言うような低カロリー食で、お腹をいっぱいにするのは、痩せたい人であって、私の希望とは異なる、私の希望は、必要なエネルギーを少量で摂取すること

満腹中枢は、血糖値が上昇すると満腹指令を出すらしいが、かと言ってGI値の高い食べもの(白い食べもの、柔らかい食べもの)はあまり好きでない・・・

だからと言って、だらだら食べているのもみっともない。

なので、血糖値を上げやすい糖分(炭水化物)から食べ始めること

交感神経が活発な状態だと食欲が増すそうだから、副交感神経を活発な状態にするため、深呼吸しリラックスして食べる。

熱い食べモノを冷ましながら食べると時間がかかるはず。この点からは、骨の多い魚や、固い食べモノも有効だと思う。

とは言え

数日した、やっぱり、もりもり食べる方が好ましい(=私らしい)と思いなおす可能性は大いにあるのですが。 (*^_^*)

が、とにかく始めてみよう。


ランキングに参加し始めました。 よろしければ、押して応援いただけますと嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 残りの人生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト